« 真央とヨナ | トップページ | 鈴木明子頑張った »

2010/02/25

真央とヨナ(2)

楽しみにしていた今朝の「天声人語」。予想どうり昨日の二人をとりあげてくれた。
天声人語氏は、二人を氷上に咲く二輪の花『雪の結晶』に例え、限りなく美しい二人の戦いを見事にうたいあげた。

折角だから、その全文を引用させていただく。

その結晶の麗姿から、雪には「六花」の異称がある。大気中のちりに水の分子がつき、六方に伸びてゆく。ゆっくり成長した結晶ほど、大きく美しい形になるという。バンクーバーの氷上に、4年待たされた二輪の花が並んで咲いた。冬季五輪の女子フィギュア。ショートプログラムで、韓国の金妍兒選手が首位、浅田真央選手が2位につけた。ともに10代半ばから世界で争いながら、前回トリノは年齢制限などで出場できなかった。以来、技と美を六方に伸ばし、初舞台でまみえる結晶二つである。先に滑った真央さんの曲は「仮面舞踏会」。ポーズをとって、曲が始まる前に4回まばたいた。仮面も緊張までは隠せない。しかし、勝負のトリプルアクセルが成功すると、社交界にデビューする少女の生気が戻った。続いて登場した妍兒さんは「007」。少し背伸びをしてボンドガールになりきり、妖しく、なまめかしく舞い切った。この競技、スポーツであり芸術であり、何よりショーなのだと得心した。二人は、誕生日が20日違うだけの19歳で、国際大会での成績は伯仲している。両親と姉1人の家
族構成も同じ、背格好までそっくりだ。妍兒さんは、真央さんのことを「もう一人の私」と表現してもいる。できすぎた背景と展開に彩られて、めったにないライバル物語がいよいよ佳境を迎える。その結果は期待の真綿にくるまれ、あすのフリー演技へと大切に運ばれた。フィクションでは再現しえない熱狂と鼓動が二人を待つだろう、だから、「4年に1度」はたまらない。

|

« 真央とヨナ | トップページ | 鈴木明子頑張った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真央とヨナ | トップページ | 鈴木明子頑張った »