« 高橋大輔ジェルソミーナで「金」 | トップページ | お父さんの名前は「次郎」 »

2010/03/28

女子も日本、真央ちゃん金

フィギュア世界選手権、女子は浅田真央が優勝。男子の高橋に続き日本のダブル優勝となった。

Mao_torino4

ヨナちゃんは惜しくも銀メダル。
SPではまさかの7位。ジャンプだけでなく、レイバック・スピンやスパイラル・シークエンスでも考えられないミスをしてしまった。
フリーでも、2度のジャンプのミスが痛かった。序盤は文句のつけようがない演技を披露。得意なトリプルルッツ+トリプルトウループのコンビネーションジャンプをはじめ、トリプルフリップ、ダブルアクセル+ダブルトウループ+ダブルループの3連続ジャンプを完ぺきにこなした。しかし7つ目のジャンプとなるトリプルサルコーで尻もち、ダブルアクセルも飛べずそのまま着氷した。トータルは130.49。それでも真央を抜き1位だったが、如何せんSPの不振は大きかった。

Yuna_torino_free2

Yuna_torino_free

キム・ヨナは大会前、「オリンピックが終わってから、半分くらい気が抜けていた」と話していたが、金メダルという目標を達成して、燃え尽きてしまったのだろうか。
SPの失敗の後のインタビューで、「もう一つ試合をしなければならないということが怖かった。(試合時の)緊張感をもう一度感じるのが嫌だったんだと思う」とも話している。ゴールド・メダリストとして祝賀パーティーやさまざまなイベントに引っ張り出されたことも事実で、「今回の大会前に、きちんと練習した期間は1週間しかなかった」とも語っていた。

|

« 高橋大輔ジェルソミーナで「金」 | トップページ | お父さんの名前は「次郎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋大輔ジェルソミーナで「金」 | トップページ | お父さんの名前は「次郎」 »