« 閉会式 | トップページ | 若田光一さんの絵 »

2010/03/02

七・六・五・四

バンクーバー冬季五輪が終わり、閉会式に参加していた選手達が今日帰国してきた。

各選手が競技終了後のインタビューで語った言葉は、それぞれ心を打つものがあったが、一番記憶に残っているのは、モーグルで4位入賞を果たした上村愛子の「何で、こんなに一段一段なんだろう・・・」という言葉だった。目にはうっすらと涙が。

長野の7位から始まって、ソルトレイク6位、トリノ5位、そして今度の4位。
本当に「無念」だったのだろう。

4年先のソチのことを言うのは、まだ早いかもしれないが、彼女にとっては、休む間もなく3月6日から2010ワールドカップ猪苗代大会が開催される。

昨年は彼女の優勝で日本中を感動させた大会。健闘を祈りたい。

|

« 閉会式 | トップページ | 若田光一さんの絵 »

コメント

お久しぶりです。
上村愛子選手の言葉には、あたしも感激しました。

投稿: うーさん | 2010/03/04 08:58

うーさん、ご無沙汰しています。
mixiの日記をこちらのブログに切り替えました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: mima | 2010/03/04 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 閉会式 | トップページ | 若田光一さんの絵 »