« エリカ様、離婚 | トップページ | やはりタダ者ではない、石川遼 »

2010/05/01

タバコ、いよいよ400円時代に

先日、JTが10月1日からのタバコの値上げを発表した。現行300円のものが410円になるという。
同業他社も同程度の値上げに踏み切ると思われ、遂に1箱400円時代が到来する。

今、ポケットに入った'PHILIP MORRIS SUPER LIGHTS'を眺めながらこの記事を書いているが、このタバコも1箱300円だから、10月からは400円強となってしまうわけだ。
大学時代にタバコを吸い始めてから50年余り。何度も値上げは経験してきたが、一度も止めようと思ったことはない。
現役時代はかなりのヘビー・スモーカーで、くわえタバコでパソコンを触り、酒を飲めばさらに本数が増え、一日60本を超えたことも多々あった。
リタイアして、居間をリフォームしたため壁のクロスが新しくなったことから室内での喫煙ができなくなり、自然と本数も減って、今は一日20本程度になっているのだが、医者に言わせればこれでもかなりのヘビー・スモーカーなんだそうだ。

さあ、今回はどうしましょう!
一番痛いのは、経済的な問題である。現在タバコに消費する金は意識して月9千円に納めていたのだが、6月からは同じ本数で1万2千円を超えてしまう。
これを機会に本数を減らすか、それとも思い切って止めるか。思案のしどころである。
まあ、10月まではまだ5ヶ月ある。時間をかけて「よ~く考えよう!」

タバコといえば、オーストラリアでも4月30日からタバコの増税と値上げが実施された。
25%の増税で、30本入り箱なら2.16AUDの値上げ。現在13.5AUD(約1200円)のものは、15.7AUDとなり、1400円近くになってしまった。
10年前にオーストラリアに滞在したとき、1箱10ドルから11ドルで、当時の為替レートだと700~800円だったのに比べると倍近い値段だ。
これで1ヶ月も2ヶ月も滞在するとなると相当堪える。

ただ、オーストラリアのタバコの値上げはこれだけではすまない。3年後には1箱20ドルにするという路線が既に敷かれており、今回はそれに向けての第1弾ということだ。
ああ、怖ろしい!

|

« エリカ様、離婚 | トップページ | やはりタダ者ではない、石川遼 »

コメント

タバコ吸いにはキッツイ話しでしょうな~。

だがしかし!あたしゃタバコをコレまで一度も吸ったことがありません。
ですから、今回の値上げもピンときません。

でも、あたしのタバコを吸う友人連中は「そんなのカンケーねー」って言ってますけど。

投稿: うーさん | 2010/05/02 08:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エリカ様、離婚 | トップページ | やはりタダ者ではない、石川遼 »