« [女優]かでなれおん | トップページ | アボリジニアート展 Aboriginal Art 2010 »

2010/05/31

とんでもないことになるかも!!!

昨日(30日)の新聞によると、インターネットでどんなサイトを閲覧したかがすべて記録され、それがネット業者などに提供されて、利用者の趣味や志向に応じた広告が配信されるという、とんでもないことに総務省がゴーサインを出した。

この技術は「ディープ・パケット・インスペクション(DPI)」。
プロバイダーのサーバーに専用の機械を接続して、利用者がサーバーとの間でやりとりする情報を読み取り、どんなサイトを閲覧し、何を買ったか、どんな言葉で検索をかけたかといった情報を分析するというもの。
ネット業界からのこの技術の広告利用をという要望に基づき、識者による研究会の中に作業部会を設けて検討してきた。
その結果総務省は、
(1)情報の収集方法と用途を利用者にあらかじめ説明する
(2)利用者が拒否すれば収集を停止する
(3)情報が外部に漏れるのを防ぐ
など6項目を求める「提言」をまとめて26日に公表した。
総務省消費者行政課は、こうした情報収集の技術は発展途上にあり今後どう変わるか未知数のため、「あまり縛らず、緩やかな原則にした」としている。

AmazonやYouTubeなど、過去に購入した本や閲覧した動画の履歴によって「おすすめ」が表示されることは今までにもあるが、これは個々の業者がCookieを利用して独自に情報を収集しているもので、基本的に他の業者までその情報が提供されることはなかったはずである。

dpi.jpg
(画像は、朝日新聞から)

問題なのは、ユーザーのネットでの全ての行動情報が収集されてしまうということ、そしてそれが他人に漏れてしまう可能性があるということだ。
そんなことは決して許されるべきではない。

新潟大学の鈴木正朝教授は「DPIは平たく言えば盗聴器。大手の業者には総務省の目が届いても、無数にある小規模業者の監視は難しい。利用者が他人に知られたくない情報が勝手に読み取られ、転売されるかもしれない。業者がうそをつくことを前提にした制度設計が必要だ」と話している。

|

« [女優]かでなれおん | トップページ | アボリジニアート展 Aboriginal Art 2010 »

コメント

なんでこんな重要なことが簡単に通ってしまうのか、それに、ほとんど国民に報道ざれずに。
あたしには全くわかりません。

国は個人情報を握ることができる。それを業者に提供する。

なんでこんなことになってしもたんや??

投稿: うーさん | 2010/05/31 15:16

う~さん、そうですよね!
わたしゃ、本当に怒ってるんです。
総務省の、「こうした情報収集の技術は発展途上にあり今後どう変わるか未知数のため、『あまり縛らず、緩やかな原則にした』」とは、いったいなんのこっちゃ?
『未知数のため、厳しい原則に』するんじゃないんかい!

投稿: mima | 2010/05/31 17:43

個人情報にはあまりうるさくない私ですが
 これはもう盗聴そのものではないでしょうか

しかも国がやるって、どうゆう事?
そんな事にGOサインを出す話し合いなんかより
いくらでも解決すべき事が山積みでしょうに・・・

投稿: クルミっ子 | 2010/05/31 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [女優]かでなれおん | トップページ | アボリジニアート展 Aboriginal Art 2010 »