« 眠れない夜が続く | トップページ | アルゼンチン、メキシコに3対1 »

2010/06/28

「疑惑のノーゴール」

ワールドカップ、ドイツ-イングランド戦を観た。
1回戦屈指の好カードであるヨーロッパの強豪同士の対戦。わくわくしながら見守った。

前半20分、ゴールキックからドイツ・クローゼが抜け出し、GKと1対1となったが右足で押し込み先制。
さらに32分、ドイツは右サイドから持ち込んだミュラーがファーサイドにクロス、ポドルスキがゴール左の角度の無いところから左足でゴール右隅に決め追加点。
37分、イングランド、右サイドのジェラードのクロスにアプソンが頭で合わせゴール。1点差に。

そして38分、「世紀の大誤審」「疑惑の判定」が生まれた。
イングランド・ランパードが中央からミドルシュート、GKの頭上を越えたボールはクロス・バーに当ってゴール内にバウンドするもノーゴールの判定。
テレビでは、真横のアングルから画像を何度もスローで流したが、明らかにゴール内側に落ちている。
イングランドは気持ちを入れ替えて攻撃を続けるがそのまま前半を終了。

scr1006280138003-p3.jpg
「疑惑のノーゴール」の瞬間。この角度でははっきりしないが……

後半に入って22分、ドイツがカウンターから左サイドのシュバインシュタイガーが中央に持ち込み、右サイドのミュラーにパスし右足でゴール右に3点目を決める。
その直後の25分、またもドイツがカウンターから左サイドのエジルが持ち込み、DFの股間を抜いて右サイドのミュラーにパス、そのままゴールに流し込んで追加点。
結局4対1でドイツがイングランドを破り、ベストエイトに進んだ。

1966年大会の決勝でのドイツ-イングランド戦。2-2で迎えた延長前半。イングランドのシュートがバーを直撃してボールはほぼ真下に落ちた。
ゴールラインを割ったかどうか……。結局ゴールと判定されてこれが決勝点に。イングランドが初優勝した。果たして本当に入っていたのか。「疑惑のゴール」として、いまだにその真偽が語りぐさになっている。

結果は4対1という大差に終ってしまったが、今回の「疑惑の判定」でもしイングランドのゴールが認められ、前半を2対2で折り返していたら、後半の試合の組み立ても変わっていたかも知れず、おのずと試合の展開も変わっていたのではないだろうか。
なんとなく後味の悪い試合になってしまった。

これが問題のシーン

|

« 眠れない夜が続く | トップページ | アルゼンチン、メキシコに3対1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眠れない夜が続く | トップページ | アルゼンチン、メキシコに3対1 »