« さすがに眠い…… | トップページ | スペイン、ポルトガルを制す »

2010/06/30

残念、日本ベスト8ならず

死闘120分、0-0。そしてPK戦。
惜しくも3対5で敗れた。
サムライ・ジャパン、よく頑張った!おつかれさま!

と、昨夜はここで一旦筆をおいたのだが(次のスペイン-ポルトガル戦を観るためだった)、観戦中のメモを見ながら試合の経過を書き留めておこうと思う。

11時キックオフ。寝ていた家内を起こして、久々の夫婦観戦だ。
日本はグループリーグのと同じ布陣で、まずは失点を防ぐ体制。ボールはパラグアイがキープするが、日本の守りをなかなか崩せない。
20分、バリオスがペナルティーエリア内でターンして前進。抜け出してシュートを放つが、川島が右足でナイスセーブを見せる。
そして、日本にもチャンスがやってきた。
21分、大久保がドリブルで突進し、こぼれたところを松井が右足でシュート。しかし、ボールはバーを直撃し上にはじかれる。
40分には、松井が右サイドを突破。DFを引き付けて中央にパス。本田がダイレクトでシュートするが、わずかにゴール左に外れる。

後半に入ってもこう着状態が続く。
日本は中村憲を投入し、ダブルボランチに変更して攻撃に出るが、お互いに決め手を欠いて、試合は延長戦に突入した。

延長前半9分に訪れたチャンス。
左45度、30メートル以上あったと思われる本田のフリーキック。低い無回転シュートで狙うがGKにはじかれた。
日本は、後半に玉田を投入して勝負をかけるが決定打を欠き延長戦も終了。

試合は、スコアレスのまま大会初のPK戦に突入した。PK戦は技術半分、運半分。あとは祈るしかない。
パラグアイ、日本共、1本目、2本目をなんなく決める。
パラグアイ、リベロスがゴール右下に転がして3本目。
日本の3本目を蹴った駒野のシュートは、バーに当たってゴール上に外れる。(悲鳴!)
4本目を、パラグアイのバルデス、日本の本田が決めた後、パラグアイの5本目を蹴るのはカルドーソ。これを決められればその時点で日本の敗北。「外れろ!川島頼むぞ!」
しかし、ボールはゴール左に決まり万事休す。日本のワールドカップ2010はここで終わった。

サムライ・ジャパン、よく戦ってくれた。
感動をありがとう!

「mimaさんちのワールドカップ2010」

|

« さすがに眠い…… | トップページ | スペイン、ポルトガルを制す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さすがに眠い…… | トップページ | スペイン、ポルトガルを制す »