« がんばれニッポン! | トップページ | "Disaster in Durban" »

2010/06/14

「はやぶさ」はがんばったようだ

「小惑星探査機はやぶさが、日本時間13日午後7時51分、内蔵カプセルの分離に成功した。」

「午後11時前大気圏に突入し、電波を出しながら落下していることが地上から確認された。」

気を揉みながらの何時間かだったが、

"Hayabusa_JAXA"のTwitterで、

「<6月13日 22時57分(日本時間)発信>地上からカプセルの発光(火球)を確認しました。これにより、カプセルが大気圏に再突入したことを確認しました。」

「<6月14日 00時05分(日本時間)発信>ヘリコプターでカプセル本体を捜索した結果、WPA内において、目視により確認しました。

という書き込みを見つけ、無事カプセルが帰還した ことが確認できた。

ご苦労さん、はやぶさ! お疲れさまでした

あとは、カプセルの中に小惑星の砂粒が入っていることを祈るのみである。

生中継を行ったはずの宇宙科学研究所やニコニコ動画のサイトは、アクセス過多のためか何度試みても結局つながらなかった。

|

« がんばれニッポン! | トップページ | "Disaster in Durban" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がんばれニッポン! | トップページ | "Disaster in Durban" »