« スペイン初優勝! | トップページ | 政治はお父さんに期待するしかないか・・・ »

2010/07/14

イースター島の皆既日食

ワールドカップの決勝戦に夢中になっていた7月12日の朝(日本時間)、南太平洋では皆既日食が観測されていた。

あのモアイ像で知られるチリのイースター島でも、4分余りの間皆既日食が観測された。
現地の天候は晴れで、現地を訪れた約4000人の観光客は、ダイヤモンドリングに歓声をあげ、皆既日食の太陽を背景にモアイ像の写真を撮影して楽しんだそうだ。

eclipse_easter_island_4.JPG

eclipse_easter_island_5.JPG

eclipse_easter_island_3.JPG

イースター島で過去に皆既日食が観測されたのは西暦591年、1400年以上も前のことで、その時はモアイ像はまだ作られていなかったとみられている。

2011年12月には、オーストラリアのケアンズなどで皆既日食が見られるとのこと。
行って見たいな!!!

|

« スペイン初優勝! | トップページ | 政治はお父さんに期待するしかないか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スペイン初優勝! | トップページ | 政治はお父さんに期待するしかないか・・・ »