« ドイツがアルゼンチンを4-0! | トップページ | 準決勝、先ずはオランダが! »

2010/07/04

スペイン、辛うじて勝つ

ドイツ-アルゼンチン戦を見て、ブログを書いて、今日はこの辺で寝てしまおうとベッドに入ったのだが、なぜか4時半ごろ目が覚めてしまう。
テレビをつけると、スペイン-パラグアイ戦の後半が始まったところ。得点は0対0。
ここでPKに絡む面白いシーンを二つも目にすることになった。

後半12分、パラグアイの左からのコーナーキック。バレトがクロスを入れると、競り合いでカルドーソがピケに倒され、PKを獲得。
キッカーはカルドーソ。左足でゴールほぼ中央に強いシュートを蹴るが、ゴールキーパーのカシージャスが横っ飛びでキャッチして得点ならず。

直後の後半14分、スルーパスに反応したビジャがペナルティーエリア内でアルカラスにファウルを受け、今度はスペインにPKが与えられる。
キッカーはシャビ・アロンソ。ゴール左に決まった!……と見えたが、蹴る前に味方がエリアに進入していて、やり直し。
仕切り直しのPKは右隅を狙ったが、キーパーのビジャールがファインセーブ。こぼれ球をラモスがシュートするも、ディフェンダーにブロックされこれまた得点ならず。

本当にPKって難しいんだね。

38分、スペインはペドロのシュートがポストに当たって跳ね返ったところをビジャが押し込みようやく先制。これが決勝点となり、ベスト4進出を決めた。

「mimaさんちのワールドカップ2010」

|

« ドイツがアルゼンチンを4-0! | トップページ | 準決勝、先ずはオランダが! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドイツがアルゼンチンを4-0! | トップページ | 準決勝、先ずはオランダが! »