« 白戸次郎 当選無効! | トップページ | うるさい蝉の声に想う »

2010/08/05

5兆桁の円周率

今朝の朝日新聞に、「円周率5兆ケタ、PCで計算……」という記事が載った。

長野県飯田市の会社員近藤さんが、パソコンを使って小数点以下5兆けたまで計算した。計算が正しければ、昨年末にフランスのエンジニアが同じくパソコンで作った記録(約2兆7千億けた)を大幅に更新し、世界一となる。
計算に使ったのは近藤さんのウィンドウズ・パソコン。CPUはインテルの3.33ギガヘルツ、大量のデータを記憶させるため22テラバイトのハードディスクを搭載した。
5月4日に計算を始め、3カ月後の今月3日に終了したとのこと。

円周率の計算といえば、つい最近まではもっぱらスーパー・コンピュータの世界だったのだが、パソコンでこんな長大な計算が可能になったのだ。

小生、円周率については、高校生のときに暗記した 3.14159265 までしか記憶しておらず、エクセルのPI関数で15桁まで求められるという知識ぐらいはあるものの、無限級数などの計算式の解説を見てもまったくのチプンカンプン。こんな途方もない桁数を計算して、それがいったい何の役に立つのだろうと思ってしまう。

「5兆桁」とはいったいどんな数字なのか?
こんなくだらない計算をしてみた。
A4の用紙に10ポイントの文字で目一杯、1行152字×39行で詰めると1枚当り5,928桁まで印刷できる。

enshu_ritsu.JPG
これが1ページ分です。

5兆桁を印刷すると、843,454,791ページになる。
我が家のプリンターに入っているコピー用紙だと、積み重ねたその高さはざっと64メートル。20階建てのビルに相当する。
同じ大きさの文字で1行で延々とプリントできたとすると、5兆桁の長さは約9百万キロメートル、地球を225周もすることになる。

というお粗末なお話でした……。

|

« 白戸次郎 当選無効! | トップページ | うるさい蝉の声に想う »

コメント

自作パソコンのオーバークロック・ベンチマークテストで円周率計算をすることはよく行われています。
「スーパー・パイ」 http://www1.coralnet.or.jp/kusuto/PI/super_pi.html というフリープログラムが公開されています。
いつも思うのですが、新記録がでる度に、その計算が正しいのかどうかをどんな風に検証しているのか理解できません。

投稿: あほさん | 2010/08/06 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白戸次郎 当選無効! | トップページ | うるさい蝉の声に想う »