« うるさい蝉の声に想う | トップページ | [IRIS]石水洞はどこに? »

2010/08/09

グリーンランドから巨大な氷塊が漂流

    北極圏のグリーンランド北部のペテアマン氷河 Petermann Glacier から5日、面積260平方キロの巨大な「氷の島」が分離し、海上を漂流し始めた。このまま南下すれば、カナダとグリーンランド間のネアズ海峡 Nares Strait をふさぐ可能性もあるという。

    08dotearthglacier-blogSpan.jpg

    崩落した氷塊はニューヨーク・マンハッタン島の約4倍の大きさ(日本で例えれば、山手線の内側の約4倍)で、高さはエンパイアステートビルほどに達する。北極圏で観測された崩落としては、1962年以来の規模だそうだ。

    グリーンランドは、北極海と北大西洋の間にある世界最大の島。大部分が北極圏に属し、全島の約80%以上は氷床と万年雪に覆われている。
    デンマーク領だが、現在は自治政府が置かれている。

    globe-arctic.jpg

    日本を真ん中にしたメルカトル図法の世界地図だと、右上の端っこにかなり大きく描かれているが、北極点上の真上から見ると、上の地図のように見えるらしい。
    'Google Earth'で眺めてみると雪に覆われた真っ白な地形が確認できる。

|

« うるさい蝉の声に想う | トップページ | [IRIS]石水洞はどこに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うるさい蝉の声に想う | トップページ | [IRIS]石水洞はどこに? »