« タグの互換性とブラウザのシェア | トップページ

2012/01/16

洋画は絶対「字幕版」

今朝の朝日新聞に「洋画 じわり字幕離れ」という記事が。

洋画から字幕が減りつつあり、吹き替えが増えている、というのだ。
「ノーカット、CMなし、字幕放送」を売りにしてきたWOWWOWでも、10年ほど前から吹き替え版を求める加入者が出始め、この5年間で目立って増えたという。
「視聴者の高齢化に伴い字幕を読むのが大変になったこと」「ながら視聴ができない」などの理由が挙げられている。

この「字幕離れ」現象は、映画館での上映でも進んでいるという。
こちらは、「映像の切り替わるテンポが速くなり、字幕が見づらくなった」「3Dの場合、眼鏡をかけて見るため字幕が読みにくい」などの理由が考えられるそうだ。

しかし、私は絶対「字幕派」である。
何故なら、俳優(女優)の声や喋り方は、顔や容姿と同じく彼らのアイデンティティを形づくる重大な要素であると思うからだ。

例えば、かのオードリー・ヘプバーンとゲーリー・クーパーが出演した「昼下がりの情事」。


1326702574984.jpg


ヘプバーン演じるアリアーヌ Ariane がクーパー演じるフラナガンに、"Mr. Flannagan!"と呼びかけるシーンがあった。
ヘプバーンの(極端に細長い鼻の穴に抜ける)"Flannagan"の声がたまらなく好きで、もう一度その声を聞きたくて、もう一回り見てしまったことがある。


ヘプバーンの吹き替えを長年つとめたのは、声優の池田昌子さんだが、もし池田さんの声で日本語の「フラナガンさん」だったら、絶対にもう一度聞きたいなどとは思わなかっただろう。


映画館では字幕で、テレビやDVDでは字幕か吹き替えかの選択肢を残す。これは絶対に譲れないところである。


ちなみに、池田さんは「銀河鉄道999」のメーテルの声も担当しているが、こちらは大歓迎!決して池田さんの声が嫌いなのではないことを言い添えて置く。

|

« タグの互換性とブラウザのシェア | トップページ

コメント

myぺから お邪魔します。

絶対「字幕」ですよ~

画面から目を離せませんが
吹き替えは 絶対嫌です。

吹き替えばかりになったら
洋画や海外ドラマをみるたのしさがなくなっちゃうーーーー

投稿: korobokkuru | 2012/01/17 01:00

korobokkuruさん、お久しぶりです。お元気でしたか?

早速のコメント、ありがとうございます。
このblogに投稿するのも久しぶりでした。

絶対「字幕」ですよね!
大好きな韓流スター(女優)が日本語喋ってたらゲンナリ・・・・・・

ただ、最近眼鏡が合わなくなってきて一寸字幕が見づらい。
眼鏡、新調しなくっちゃ(笑)

投稿: mima | 2012/01/17 08:54

私も「絶対字幕派です。」

BSプレミアムのweek day 13:00から放映されるリバイバル洋画を

よく見ておりますが、常々同じ思いでした。わが意を得たり ! とは

このことです。

投稿: Burrysan | 2012/01/21 15:20

Burrysan、ご無沙汰しています。
お元気そうですね。

絶対「字幕」ですよね!
と、言いながら、昨夜深夜に字幕版の古い映画を見ていたら、コーヒー入れるお湯がなくなったのに、テレビの前をなかなか離れられなくて困ってしまいましたが・・・(笑)

投稿: mima | 2012/01/21 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タグの互換性とブラウザのシェア | トップページ